• ホーム
  • カンジダを治したい人におすすめの治療薬はカーネステンクリーム

カンジダを治したい人におすすめの治療薬はカーネステンクリーム

2019年11月12日
男性と説明している男性

カーネンステンクリームは、カンジダ膣炎などの真菌系の治療に使用されます。これは塗り薬でカンジダに初めて感染した時だけに使用される薬剤として知られており、膣錠タイプは以前カンジダ膣炎に感染したことがあり、再発した時に使用できる薬になります。カンジダ膣炎は外側の皮膚が腫れたり、日常生活に支障が出るほどの強いかゆみが現れます。特におりものの量が増えることや、白いボソボソとしたカッテージチーズのような状態のおりものが出てきます。カーネステンクリームは、患部に薄くのばしながら塗布します。1日に2?3回に分けながら、腫れ・かゆみがある患部に塗りますが、患部の広さが手のひらほどの場合0.5cmほどの量を目安にして塗布して行きます。万が一カーネステンクリームを塗り忘れた場合でも、その後量を2回分に増やして塗ることは禁止されています。忘れても、1回分の量は守って使用することが大切です。カーネステンクリームの効果は、真菌であるカンジダ菌の細胞膜を構成しているエスゴステールが作られることを阻害します。

クリームタイプの薬剤を外側の幹部に塗り込んで行きますが、刺激を強く感じ患部がただれて傷ができている時は、使用を避ける方が良いです。浸透性も高く使用感がいいので、多くの感染者が利用している治療薬になります。ただし患部のただれがひどい時には、刺激が少ない軟膏を処方されることが多いです。カーネステンクリームは副作用が少ない治療薬ですが、さらに効果が高いことで人気の薬剤になります。磯海ダゾール系抗真菌薬ですが、1976年から販売されている薬です。カンジダに感染している時に処方されることが一般的ですが、1日に1回塗っただけでは効果が持続しないです。1日に2?3回に分けて患部に塗布して行きます。皮膚に使用することを目的にしているので、内服することは禁止されています。塗る前には、入浴やシャワーをして患部をきれいに洗っておきます。細菌が幹部に付着していると、薬の効き目が下がる傾向にあります。クリームを塗布する手も清潔に洗うことが大切で、クリームが汚染される可能性があるので別の感染症を発症する可能性があるからです。膣内に入れないように外側に注意して塗布して行きましし、クリームがついた手で目などをこすったりしないようにします。目にカンジダ菌が感染する可能性がありますし、患部がただれている時も使用は控えます。

エンペシドのクリームを使用している時に生理が始まった時は、塗布を一時期中止することが必要です。生理中にクリームを塗っても、血液で薬剤が流れる可能性があることが理由になります。あらかじめ治療を始める時に、生理の開始日を計算しながらつけることが完治をしやすくさせます。クリームは継続的に続けて6日間行うことが重要なので、生理の関係で途中でやめると、また1から始めることになります。カーネステンクリームは副作用が少ない治療薬で、接触皮膚炎・刺激感などの副作用が出ても、局所に止まるだけで重篤なことには発展しません。また同系統の膣錠もありますが、使用方法は膣内部に直接入れてカンジダ膣炎を治療して行きます。膣錠は膣内に入れるもので、カーネステンクリームよりも使用方法が難しいこともあります。中腰になり人差し指と中指に錠剤を挟んだ上で、薬剤を膣の奥に押し込むようにします。人差し指の指先に載せておくと、使いやすくなります。万が一、薬剤を入れ忘れてしまった時は、気がついた時に再度行い一度に2錠の使用はしないようにします。これにより、しつこいかゆみや生臭いおりものが改善されます。膣錠の場合は1回使用でもかなり症状が改善されますが、医師の指示している回数は守るようにします。