• ホーム
  • 再発しやすいヘルペスをしっかり治す!バルトレックスの効果!

再発しやすいヘルペスをしっかり治す!バルトレックスの効果!

2020年02月09日

ヘルペスは一度感染することで、体内にウイルスが潜むので体の抵抗力が落ちるたびに再発する可能性があります。年齢が高くなるほど、発症が多くなるという性感染症でも知られています。感染するウイルスのタイプは1型、2型がありますがオーラルセックスによって別れることがあります。最近は抗ウイルス感染症の対策をとれば、コントロールができる病気となり基本的な対策をとることで昔のように怖がる必要はなくなりました。再発を繰り返すことはメンタルの面でもダメージを受けやすいですが、ヘルペスウイルスの感染によって性器に水ぶくれができたり、腫れ痛みが発症します。初めて感染した時は症状が強く出るので、全身の倦怠感やリンパ節が腫れたり、発熱をすることもあります。発病後多くは1?2週間で症状が治まり、その間はかなり辛い日々が続くので精神的にダメージを受ける人もいます。

よく効く薬があるため、早期治療で改善も早くなります。性器ヘルペスはなんども再発する可能性がある病気で、毎月発生する人もいれば、年に1?2回の発生のケースもあります。再発を繰り返せば症状が軽くなることもありますが、症状が軽ければそれだけ気がつきにくく、パートナーにうつしやすくなります。性器に触れた手で目をこすったり触ると、角膜炎症を起こすこともあるので、必ず手は清潔にし他の部分に触れることが大切です。再発・パートナーに移すことを予防するためには、自己管理が大切ですがあまり神経質になることで、様々な支障も出てくることがあります。このような性器ヘルペスを収めるためには、治療薬でもあるバルトレックスを服用することができます。有効成分のバラシクロビル塩酸塩を配合しているバルトレックスですが、ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬で、単純疱疹や帯状疱疹・性器ヘルペスや水疱瘡の治療に用いられます。ウイルスは基本的に最近とは別の生き物で、最近よりも小さく他の生き物の細胞内で増殖することが特徴です。ヘルペスウイルスの仲間は皮膚や粘膜に水ぶくれを作ることが多く、単純ヘルペスウイルスやすい水痘や帯状疱疹ウイルスが代表的になります。ウイルスが粘膜や皮膚で暴れ出すことにより、水ぶくれができたり、赤みが発生します。これにより炎症が起こるのでヒリヒリすることがあります。

この薬はヘルペスウイルスに効果がある抗ウイルス薬で、ウイルスが原因である単純疱疹や帯状疱疹・性器ヘルペスなどの治療にも使われています。増殖を抑えるのでウイルスが少ない発症初期に使用することで、改善が早くなります。さらに病状の悪化が抑えられますし、治療も早くなるので一石二鳥です。ウイルス感染した細胞内で活性化することで、ウイルスDNA鎖の成長を阻止することができますし複製も阻害できます。持病やアレルギーがある人は処方されるときに医師に伝えることが大切で、服用中の薬も伝えます。妊娠中や妊娠している可能性がある人も、あらかじめ医師に伝えることで安心して服用することができます。腎臓が弱い人や高齢の人は薬の排出が遅れ、体内に残りやすいため精神変調や意識障害を起こすこともあります。服用間隔を延ばすなどの処置が取られますが、まずは医師に相談することが望ましいです。薬の飲み合わせによって副作用が特に強く出ることもあり、痛風のプロベネシドや胃の薬であるシメチジン・免疫抑制薬のモフェチルや喘息薬であるテオフィリンなどが、併用するときに注意が必要になります。診察後はすぐに服用を開始することができますが、早期服用をすることでさらに効果が発揮されます。用法や用量は病状や年齢などで変わってくるので、医師に相談します。腎臓機能によって減量することもありますが、服用間隔を延ばすことで医師の指示に従うことができます。